冬のスキンケア方法

乾燥が激しくなる冬場は、どうしてもお肌が乾燥してかさつきがちです。それによってちりめんジワが出てきてしまったり、粉がふいたように白くカサカサしてしまったりするので、季節の中でも一番スキンケアに力を入れないといけないのが冬かなと思います。そんなスキンケアで一番最初に気を配らなければいけないのが洗顔です。洗顔に際しては、朝か夜かで洗い方に違いが出ますが、私は朝は冷水でササッと軽く洗顔石鹸で泡立てた泡を馴染ませて洗い流すというシンプルな洗顔方法を行っています。夜に汚れをシッカリ落としていますから、入念過ぎる洗顔は要らないと思っています。夜につけた美容液などで補われてシットリと落ち着いているお肌の状態を壊さないように、軽く水ですすぐ程度でいいと思います。

その後、たっぷりと保湿系の化粧水で水分を補って、その後乳液、美容液、朝用のクリームとスキンケアをして完了です。お出かけ前は時間がありませんし、乾燥する季節だからと言って、たっぷりと濃厚なテクスチャーの化粧品で保湿しすぎるとファンデーションがうまく使ないので、出かける前はその程度で済ませます。そのかわり、常に携帯用のメイクの上からでも使えるミストスプレーを持ち歩き、乾燥が気になってきたらメイクの上からシュッっと一吹き。日中もカラカラに乾燥しないお肌に配慮します。

そして夜。メイク落としは、冬場の時期は乾燥を進ませてしまうオイル系のものは使いません。乳液系のメイク落としで油分の落ち過ぎを防いでメイクを落とすように心がけます。そして、夜の寝る前の洗顔は逆に、寒いからと熱いお湯で洗顔するのはNGです。熱いお湯は油分を過度に落とす結果になってしまい、洗顔後のお肌のツッパリの原因になってしまいます。かと言って冷水がいいかと言うと、それもいいという説もありますが、汚れ落ちの点で言うとNGです。冷水では冷たさで毛穴がキュッっと閉じてきてしまい、毛穴汚れが落とせなくなってしまうので汚れがそのまま残り、肌トラブルの原因になってしまいます。そこでいいのが、ぬるま湯での洗顔。ぬるま湯でしっかり汚れを取り除いて、その後の化粧水へ移ります。化粧水は保湿系のものを選び、できれば冷蔵庫などに入れてヒンヤリと冷やしたものを顔に馴染ませます。ぬるま湯と言っても、やはり毛穴は開きますから、冷たい化粧水で毛穴を引き締めるのがいいです。そして、その後乳液、美容液をしっかりとお肌に馴染ませ、潤いをシッカリお肌に届けた後で保湿系のナイトクリームで潤いに蓋をして、冬場のスキンケアの完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です